FC2ブログ
Welcome to my blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
ランキングに参加しています。

”ベニスに死す”を観て安静を保つ!

img_0.jpg

昨日、しきりに「座骨神経痛」と自分の腰痛の症状を決めつけて公表しておりましたが。。。。

全く違ってました

本日少し動ける様になり、しかもお天気も良くなったので、家から一番近いところにある整形外科に朝っぱらから駆け込み、1時間待った後に診察を受け、レントゲンを撮りました。

診察の際、足をあっちこっちに伸ばしたり縮めたりされたが「すごく柔らかいね~~」と言う嬉しいお言葉!

「さすがに体操(ヨガとかエアロビの事を言っているのであろう)してるだけあるね」と言われ、究極の落ち込み状態だった昨今、すこし上がりましたた、、、単純・・・単細胞、、、

しかし!痛いのは治ってないっ!!

そして痛い足を引きずってレントゲンを撮った結果。

忘れていたが、ずっと前に違う整形外科で言われたのと同じく「炎症性腸疾患の人が起こす関節炎で、病名は腸炎症性関節炎です」とのこと。初めて病名を聞いた。と言うか、前は原因不明の・・・だったのが医学の進歩により、詳しく分かって来たと言うことであろう。

病名が分かったところで治療法はなく、完治もない。。。とのこと。しかも~腰痛ではなく、腰より下の仙骨とか恥骨結合部とか股関節周りにのみに炎症が起きてました・・。腰痛でもなかったのか。。。

完治はしないので痛かったら安静にして、痛みとうまくつきあって下さいとの事でした。

そういう事なら大手を振って安静にしてよ~っと!

座骨神経痛だと思っていたので、痛くても適度に動いたり”やわこ”でマッサージしなければ・・・と思い、割と結構なプレッシャーだったので肩の荷が降りたよ♪♪

腰痛も完治はないんだし、だったら病名がハッキリしてる方が休みやすい

薬も「いる?」と聞かれたので「欲しいです!ロキソニンとか!」と言う自分で選べるレベル。

ついでにロキソニンの湿布まで貰って来ました。

「いる?」って事は、飲んでも飲まなくても治りは一緒って事なのだろうが、痛いのは嫌なので。

と言うわけで、次回また同じような痛みが来たら「座骨神経痛」と間違えない様に、ここにしっかりと記しておいたワケです

さて今日はこれから「ベニスに死す」を観ます。

数知れず観ている映画で、うちにあるDVDの中でもお気に入りの一品。

最近、朝ドラの「半分、青い」でも美青年の律こと佐藤健くんを、秋風先生が「タージオ(タージョとも言ったりする。外国人の名前なので。わたしのDVDではタージオです)と呼んでいたり、金ドラ「あなたには帰る家がある」の中で「ベニスに死す」のグスタフ・マーラーの曲が使われたり・・・と何かと「ベニスに死す」が良く出てくるので観たくなったワケです。

原作はトーマス・マンの小説で、傷心でベニスを訪れた中年の音楽歌が、滞在しているホテルで出会った美少年に恋をした挙げ句、流行病(はやりやまい。コレラっぽい)で死んでいく・・・と言うストーリー(簡単に言うとね、もっと色々細々あるけどさ)ですが、ベニスにいたら病にかかって死ぬかも知れないと分かっているのに、美少年タジオの元を離れられない中年紳士の悲哀を描いたお話しです。

そしてタージオはビックリするほどの美少年!

4480ba239e930eeb6cf04432aa5789941ae680c4_m.jpg
こりゃ~キレイな子だわ! しかも思惑ありげな感じでオッサンを見つめる場面があっちこっちにあり。。。タージオもオジサンに
興味があったのだろうか?

タージオを演じていたビヨルン・アンドレセンも今はもう60代。
どんな紳士になっているのでしょう?
映画の中で使われているマーラーの曲(年代から言っても、もちろんこの映画のために作曲したワケではないが)美しすぎる曲がベニスの風景やストーリーと相まって、音楽だけ聴いてても素敵な映画です。
「ベニスに死す」おすすめ名作映画なので、是非一度ご鑑賞下さいね






にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
ランキングに参加しています。

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。