家のリメイクやDIY、購入品の紹介など

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

❤やよい❤

Author:❤やよい❤
I♡OKINAWA

NewPhoto
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
LINK
TORSO
QRコード
QR

プーシキン美術館展と国会図書館

もう昨日の出来事ですが。

突然一昨日、横浜美術館で水曜まで催されている「プーシキン美術館展」の招待券を頂いたので、朝早く行って来ました。
水曜までの火曜なので、絶対混んでるだろうと踏んで10時開場の15分前に行ったら、もうもう長蛇の列!
やっぱり・・・早く来て良かった~~

それでもわたしなんてまだ序の口で、わたしの到着から5分もしないうちに列はスゴイことになりました。
本当に早く来て正解だ!
オマケに昨日は国会図書館へも行くつもりだったので、プーシキンを午前中に見て、みなとみらいから直行で永田町に行く予定を立ててました。

プーシキン美術館展は早く入れたので、割とゆっくり観ることが出来ました。
人もまだそんなにいなかったので♪

わたしのとっても気に入った絵はこちら。


医師レーの肖像

ゴッホ作。
「医師レーの肖像」

ゴッホが自らの耳朶を切り落とした後にゴッホの治療に当たった若い医師だそうだが、ゴッホはこのお医者さんを心から尊敬して、お礼にこの絵をプレゼントしたらしい。

しかし!

なんと、この医師レーはこの絵が気に入らなくて、とっとと売り払ってしまった・・と言う、ゴッホ~、なんて可哀想~~と言うそんな逸話がある絵です。

せっかくの厚意を・・・しかも病んでいるゴッホに対しての仕打ちがあまりにも・・(ゴッホ本人が知っていたかは謎だが)で、なんか思い出に残る絵でした。

他にも好きなシャガールの赤い馬が女の人を乗せて空を飛んでる絵などがあって、見応えたっぷりの絵画展でした♪

横浜美術館だし、ちょっと観たかった「プーシキン美術館展」だったので、チケットが貰えて嬉しかったです~らんらん

プーシキンの後、渋谷から半蔵門線で永田町へ。

最近の国会図書館ではレトロな人形の書物を閲覧しまくってます。
中原淳一や内藤ルネの他に「松嶋啓介」など、昭和の人形作家さんの名前もすっかり覚え、見れば見るほどどの人形も味があって素敵

もう今や神保町でも探せない様な昭和30年代くらいやもっと古い人形の本がたくさんあって、6時半までいたが、もっともっと閲覧したい程でした。

先週の金曜日にも行ったのですが、ノートもなにも持って行かなかったため、人形の作り方も型紙も写せなかったので、今日は筆記用具の他に何枚もコピー用紙を持って行って、片っ端から型紙を写し取り、作り方もノートにせっせと書き込んできました。

コピーと言う手もあるが有料だし、側にコピーの申し込み方を聞いてる人がいたが、ものすごく面倒そうだったので、手で移した方が良い!と判断されたのです。

家に帰ってきて、さっそく人形を作り始めてみました。
(あ、この間の大きい、顔だけの子はまだそのまんま飾られてます・・・ちょっと不気味)

とりあえず、上半身だけ出来たものがこちら。

アリサちゃん♪

コンセプトは(ぷ!)とにかく昭和のレトロ感。
ボンネットを被った三つ編みの女の子。
目をつり上げてみました(中原淳一のお人形を真似して)。
ドレスはリバティです(この間のがま口の残り布)。

本日の国会図書館での研究を元に、少しは中原淳一的な物が出来そうだぞーーー(自己満足)。

明日はこの子に足を付けてスカートを着させまーす。

あー楽しい人形作り。

ネットに二冊ほど掘り出し物のレトロ本が出現したので、狙ってます!







にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
ランキングに参加しています。

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

C

omment